FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 11.04 と ASRock P67 Extreme 4のUSB3.0

ASRock P67 Extreme 4というマザーボードを購入して、それにUbuntu 11.04をインストールして、使用しています。

ところが、ASRock P67 Extreme 4のUSB3.0のチップはEtronという会社のEJ168Aというものなので、Linuxはまだそれに対応していないのですね。ですからUSB3.0のポートは使えません。USB2.0のポートは問題なく使えます。

どうしてもすぐにUSB3.0を使いたい場合はチップにルネサスエレクトロニクス製「μPD720200」が載ったインターフェースカードを挿すと使えます。それでも私はUSB3.0のポートに挿したUSB3.0フラッシュメモリからブートするのには成功していません。ブートできた人もいるようですが…。

自作パソコンでは不具合があった時やパーツを追加したい時などにいつでもパーツを購入して、交換することができます。
(BTOパソコンもメーカー製パソコンと比べると楽に交換できる方かと思います。)
ドスパラさんには東京に住んでいた時に店舗でもネット通販でもお世話になりました。今は大阪に住んでいるのですが、日本橋に店舗があるので、利用することが多いです。(なんばから日本橋に向かう時にはまずドスパラさんをチェックします。)




スポンサーサイト

中国語のTeX

Ubuntuで中国語のTeXが使えるようになったのでメモしておきます。
1. texlive2010をダウンロードしてインストール。
2. UTF8で中国語文字の入ったテキストファイルを作成する。
3. XeLaTeXで処理するとPDFファイルができます。

レイアウトなどについては以下のページが参考になります。
BXjscls パッケージ ~XeLaTeX でまともな日本語文書レイアウトを~ [電脳世界の奥底にて]
http://zrbabbler.sp.land.to/bxjscls.html

PDFファイルのビューアーはevinceを使うと、PDFファイルが更新されたら読み込み直してくれるので便利です。
AdobeReaderでもなんかキーを押すと読み込み直してくれたはずです。
AdobeReaderではゴシックフォントが入ってないことがあったので、昔のバージョンのAdobeReaderのパッケージからゴシックフォントを取り出して、/opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/KozGoProVI-Medium.otfに置いておくとよいようです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。