FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 12.04 へのRedmine 1.4.1 アップデート

以下のページを参考にしました。

Redmine 1.4をCentOS 6にインストールする手順 | Redmine.JP Blog
http://blog.redmine.jp/articles/redmine-1_4-installation_centos/

RedmineUpgrade - Redmine
http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/RedmineUpgrade

データのバックアップ方法 | Redmine.JP
http://redmine.jp/faq/system_management/backup/

-- Ruby1.9をインストール
-- sudo dpkg -r ruby-enterprise
-- sudo update-alternatives --config ruby でruby1.9.1を選択。実際にはruby1.9.3となる。
-- sudo gem install bundler --no-rdoc --no-ri
-- tar xvzf redmine-1.4.1.tar.gz
-- sudo mv /var/lib/redmine{,.old}
-- sudo mv redmine-1.4.1 /var/lib/redmine
-- vi sudo:/var/lib/redmine/config/database.yml
-- vi sudo:/var/lib/redmine/config/configuration.yml
-- cd /var/lib/redmine
-- sudo bundle install --without development test postgresql sqlite
-- vi sudo:/var/lib/redmine/config/database.yml
-- sudo cp ~/Downloads/files/* files/
-- sudo rake config/initializers/session_store.rb
-- sudo rake generate_session_store
-- sudo rake db:migrate RAILS_ENV=production
-- sudo rake db:migrate:upgrade_plugin_migrations RAILS_ENV=production
-- sudo rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production
-- sudo rake tmp:cache:clear
-- sudo rake tmp:sessions:clear
-- sudo gem install passenger --no-rdoc --no-ri
-- sudo passenger-install-apache2-module
-- vi sudo:/etc/apache2/conf.d/passenger.conf
-- sudo chown -R www-data:www-data .
-- sudo service apache2 restart

こんな感じでした。viはvimでsudo.vimプラグインを使っています。
スポンサーサイト

UbuntuへのRedmineのインストール(3)

21. sudo mysql -u root -p
パスワードを聞かれますので、パスワードを入力してください。パスワードは2.のmysqlのインストールの際に設定したものだったと思います。
以下はmysqlに対する入力です。
22. show variables like 'character_set%';
行末のセミコロンを忘れないでください。文字コードがUTF-8になっていればO.K.です。
23. use mysql;
--. update user set password=password('設定したいrootのパスワード') where user = 'root';
24. delete from user where user = '';
25. flush privileges;
26. exit;
またシェルに戻ります。
27. sudo mysql -u root -p
(21.と同様です。)
28. create database db_redmine default character set utf8;
29. grant all on db_redmine.* to user_redmine identified by '設定したいuser_redmineのパスワード';

ここまで書いたところでRedmine 1.4がリリースされていることに気が付きました。そちらの方に合わせたほうがいいので、以下はコマンドだけコピペしておきます。

-- flush privileges;
-- exit;
-- sudo mv redmine-1.3.1 /var/lib/redmine
-- cd /var/lib/redmine
-- sudo vi config/database.yml
-- sudo cp config/configuration.yml.example config/configuration.yml
-- sudo vi config/configuration.yml
-- sudo gem install tlsmail
-- dev.pischna.net/tool/redminev-1-2-2んでgmailのsmtpサーバを使う.html
-- sudo cp config/additional_environment.rb.example config/additional_environment.rb
-- sudo vi config/additional_environment.rb
-- sudo gem update --system 1.6.2
-- sudo rake generate_session_store
-- sudo gem install rubytree
-- sudo rake db:migrate RAILS_ENV=production
-- libcurl4-openssl-devをインストールしました。
-- libssl0.9.8をインストールしました。
-- sudo passenger-install-apache2-module
-- sudo vi /etc/apache2/conf.d/passenger.conf
-- sudo vi /etc/apache2/httpd.conf (ServerNameの設定)
-- sudo service apache2 restart
-- sudo chown -R www-data:www-data /var/lib/redmine
-- sudo vi /etc/apache2/sites-enabled/000-default (DocumentRootの設定)
-- sudo service apache2 restart

UbuntuへのRedmineのインストール(2)

8. libssl-devのインストール
9. libreadline6-devのインストール
10. sudo ./installer --dont-install-useful-gems --no-dev-docs がうまく行かなかったので、
sudo dpkg -i ruby-enterprise_1.8.7-2012.02_amd64_ubuntu10.04.deb
をしました。
11. sudo gem install rack -v=1.1.2 --no-rdoc --no-ri
12. sudo gem install rake -v=0.9.2 --no-rdoc --no-ri
13. sudo gem install i18n -v=0.4.2 --no-rdoc --no-ri
14. librmagick-rubyをインストールしました。←不要だったかもしれない。
15. libmagick++++-devがなかったので、
libmagick++4とlibmagick++4-devをインストールしました。
16. sudo gem install rmagick --no-rdoc --no-ri
17. sudo gem install rdoc --no-ri --no-rdoc
18. sudo gem install mysql --no-rdoc --no-ri
19. sudo vi /etc/mysql/my.cnf
[mysqld] セクションに character-set-server=utf8 を、
[mysql] セクションに default-character-set=utf8 を追加してください。
20. sudo service mysql restart

続きます。

UbuntuへのRedmineのインストール(1)

参考: Redmine 1.3をCentOS 6にインストールする手順 | Redmine.JP Blog http://blog.redmine.jp/articles/redmine-1_3-installation_centos/

まずbuild-essentialなどをインストールしておく必要がある。自分の場合はすでにインストールしてあったので、省略します。

1. curlをインストールしました。curl-devはないので、インストールしません。と思いましたが、あとで libcurl4-openssl-devをインストールしたので、ここで入れておいたほうがいいかと思います。
2. mysql-serverとlibmysqld-devをインストールしました。
3. apache2-mpm-workerをインストールしました。
4. apache2-prefork-devをインストールしました。
5. libssl-devのインストール。
6. libreadline6-devのインストール。
7. ruby-enterprise-1.8.7-2012.01.tar.gzがうまくインストールできなかったので、sudo dpkg -i ruby-enterprise_1.8.7-2012.02_amd64_ubuntu10.04.debでインストールしました。

続く。

Youtube動画をUMPlayerで見る

Youtube動画をUMPlayerで見たいなぁと思って、

umplayer Youtube動画のURL


とやってもうまく行かないんですね。

ここで、youtube-dlというのをインストールすると、

youtube-dl Youtube動画のURL


で動画がダウンロードされます。

それをUMPlayerで見てもいいのですが、さすがUbuntuというかLinuxというかUnixの伝統というか、youtube-dlには-gオプションというのがあり、動画の本当のURLを返してくれるのですね。したがって、

umplayer `youtube-dl -g "Youtube動画のURL"`



とやると無事にYoutube動画をUMPlayerで見ることができます。些細なことですが、痛快です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。